■納期未定の商品につきまして 〜
現在、新型コロナウィルスの世界的な影響により、いくつかの商品の納期が未定になってしまっております。
【納期情報:納期未定】と商品名に記載の商品に関しましては、入荷に数ヶ月かかる見込みでございまして、
具体的な納期も確定してないため、納期未定と記載させて頂いております。

ご注文はお受け可能でございますが、お待ちいただける場合のみご注文をお願い致します。

 

Phasemation MA-1000(1台) 管球式モノラルパワーアンプ フェーズメーション MA1000

Phasemation MA-1000(1台) 管球式モノラルパワーアンプ フェーズメーション MA1000

商品名 : Phasemation MA-1000(1台) 管球式モノラルパワーアンプ フェーズメーション MA1000

商品コード : ma1000

メーカー希望小売価格 : 660,000

価格 : 533,703円(税込)

数量 :


 送料:無料〜

Phasemation MA-1000 (PhaseTech フェーズテック)

直熱3極管こそが音楽を奏でる上で最高の素材であると確信しています。
我々はオーディオ用の出力デバイスとして、直熱3極管が最高と考えていますが、もはやビンテージ管に頼ることはできません。そこで我々が選んだのが、現行で製造されている「2A3-40」です。
この球は、2A3 と表示されていますがその規格は全く別モノでプレート損失が何と40Wもあり、それは300Bに匹敵する出力を取り出せることを示しています。またヒーター電圧が2.5Vと低電圧駆動なので音質の良い交流点火が実現できることなどから、オーディオ管として300Bを超える可能性を見出し、大きく開発意欲を掻き立てられました。
純A級・シングル動作の「2A3-40」出力段
出力管に選んだ「2A3-40」は、自己バイアス電源による安定動作を確保した純A級・シングル動作という「2A3」が持つ本来の素性の良さを最もシンプルな動作で発揮できる構成としました。この「2A3-40」は、オリジナル「2A3」のプレート損失15 W に比べ40Wと実に2 倍以上もあり、外形も2回り程度大きくなっています。それを30W 弱で余裕をもって動作させながら最大出力10Wを実現しています。
全段3極管による無帰還アンプ構成
増幅&ドライバー段は双3極管「12AX7」の高信頼管である「ECC803」を使用したSRPP方式の無帰還回路で構成。これにより全段3極管による無帰還増幅となり、無帰還ならではの鮮度と躍動感にあふれた、表情豊かな音楽の再生能力を獲得しています。
独立2電源チョークコイル構成
増幅及びドライバー段の電源には、整流管「5R4GA」を採用。
その後段にそれぞれ独立した専用電源チョークコイルを設け電源を供給することにより、入力信号増幅回路とスピーカー駆動回路との相互干渉を排除し、微小レベルの信号からハイパワーの信号までクリアーに増幅します。
独立2 電源チョークコイル構成
増幅&ドライバー段とパワー段の電源には、整流管「5R4GA」を採用。その後段にそれぞれ独立した専用電源チョークコイルを設け電源を供給することにより、入力信号増幅回路とスピーカー駆動回路との相互干渉を排除し微小レベルの信号からハイパワーの信号までクリアーに増幅します。
スウェーデン・ルンダール社製出力トランスを採用
出力トランスも音質を大きく左右するパーツです。そのため国内外から多くの製品を検討し選択した結果、当社の目指す音質に最もふさわしいものとしてルンダール社製の出力トランスを採用しました。音質を優先させるため、出力インピーダンスは固定式としており、8Ω仕様(8?16Ω)、4Ω仕様(4?8Ω)が出荷時にお選びいただけます。
カップリングには、銅箔オイル・コンデンサーを採用
増幅&ドライバー段とパワー段の結合に使用したカップリングコンデンサーは、アムトランス(株)が企画した米国・アリゾナ・キャパシターズ社製の銅箔オイル・コンデンサーを採用。中低域の厚み、伸びと高域のしなやかさを兼ね備えた音質を獲得しています。

製品仕様
形  式 2A3-40シングル モノラルパワーアンプ
入力インピーダンス 47kΩ
ゲイン 21dB
残留雑音 100μV以下:A-NET
最大出力 10W(THD:10%)
周波数特性 10Hz〜40kHz(+0,-3dB)
出力インピーダンス 8Ω(8〜16Ω) or 4Ω(4〜8Ω)(出荷時に選択)
消費電力 70W (100VAC 50〜60Hz)
外形寸法(mm) 247(幅)× 224(高さ)× 426.6(奥行)
質量 15.5kg
付属品 ACパワーケーブル

ユーザー評価

名前 :

評点 :

内容 :
入力された顧客評価がありません

ページトップへ