■納期未定の商品につきまして 〜
現在、新型コロナウィルスの世界的な影響により、いくつかの商品の納期が未定になってしまっております。
【納期情報:納期未定】と商品名に記載の商品に関しましては、入荷に数ヶ月かかる見込みでございまして、
具体的な納期も確定してないため、納期未定と記載させて頂いております。

ご注文はお受け可能でございますが、お待ちいただける場合のみご注文をお願い致します。

 
  • トップ
  • DISC
  • CD
  • Ensemble ECL20031 CD "Sounds in natural perspective" アンサンブル

Ensemble ECL20031 CD "Sounds in natural perspective" アンサンブル

Ensemble ECL20031 CD "Sounds in natural perspective" アンサンブル

商品名 : Ensemble ECL20031 CD "Sounds in natural perspective" アンサンブル

商品コード : ecl20031

メーカー希望小売価格 : 3,850

価格 : 3,544円(税込)

数量 :


ショッピングカートに入れる

 送料:550円〜

Ensemble

“Sounds in natural perspective”
‘自然で見晴らしの良い音’ ― 名演奏・名録音集
‘Sounds in natural perspective’ CDの曲目は、SIMAX CLASSICS と AURORA レーベルのカタログを詳細に検討して印象に残ったものから選びました。
選曲にあたっては、クラシック以外の音楽を楽しまれている方にも本来の難解さとは別に親しみが感じられるもの、クラシックに詳しい方でも楽しめて新しい発見があるものを心掛けました。
これらの曲に共通することは質の高い音楽的内容、その模範的解釈および音楽をできるだけ自然に再現する素晴らしい録音技術です。
純粋に音楽を楽しむ喜びに加えて、これらの演奏録音は音楽を再生するシステムやコンポーネントのクオリティ・チェックに適した優れたツールとしても役に立ちます。再生音の情報量はもちろん、その色付け、リズムの推移、ダイナミック感、立体感の変化、周波数帯域におけるアンバランスなど、すべてがシステム・チェックの判断基準となります。
Dr. ウルス・ヴァークナー
アンサンブル AG 最高責任者

※ 表紙写真:アコール、ピコ・アイランド
(ツァイス製マクロ・レンズを使用してウルス・ヴァークナー氏が撮影)

アンサンブル・ハイライト・コレクション 1: ECL20031
“Sounds in natural perspective”
Simax Classic, Aurora カタログより選曲

1. パーシー・グレンジャー(1882−1961):岸辺のモリー 3:35
NAFスタッフ・バンド、エイヴィンド・アードランド(指揮)
1999年オスロ大学メイン・ホールにて録音(ノイマン、B&K、ショップス製マイクを使用)
プロデューサー:ヤーン・ペーダーセン
バランス・エンジニア:エリック・ガルト・アムンゼン
Simax Classics PSC 1208 (グレンジャー/シュミット/ホルスト)

2. ボフスラフ・マルティーヌ(1890−1959)、スロヴァキアの主題による変奏曲(抜粋) 8:12
オイステン・ビルケランド(チェロ)、ヘヴァルド・ギムセ(ピアノ)
1999年オスロ、ソフィーエンベルク教会にて録音(ノイマンTLM-50S x 2、
B&K 4006、ショップス MK21マイクを使用)
プロデューサー/エンジニア:エリック・ガルト・アムンゼン
Simax PSC 1146 (マルティーヌ & カバレフスキー 「チェロ/ピアノ・ソナタ & 変奏曲」)

3. ベンジャミン・ブリテン(1913−1976)、シンプル交響曲 op. 4:陽気なピチカート 3:20
ノルウェー室内管弦楽団/ローナ・ブラウン(指揮)
1990年オスロ、ウラニエンボルク教会にて録音(B&K 4006 x 2マイクを使用)
プロデューサー:ジェイムス・バネット
エンジニア:アルネ・アクセルベルク
Simax Classics PSC 1111 (ブリテン「弦楽のための音楽」)

4.ハーフダン・キェルフ(1815−1868):牧歌イ長調 (HK111) 3:20
エイナー・スティーン−ネックルベルク(ピアノ)
1999年オスロ、ソフィーエンベルク教会にて録音(ノイマンTLM-50S x 2、
B&K 4006 x 2マイクを使用)
プロデューサー/エンジニア:エリック・ガルト・アムンゼン
Simax Classics PSC 1225 (ハーフダン・キェルフ 「春の歌」)

5. ギャシント・セルシ(1905−1988):セ・ビャン・ラ・ニュイ 2:42
ビョルン・ランケ(ベース2重奏)
1996年ノルウェー、アイトフォル教会にて録音(ノイマンTLM-50Sマイクを使用)
プロデューサー/エンジニア:エリック・ガルト・アムンゼン
Simax Classics PSC 1136 (現代ベース2重奏)

6.アーネスト・ブロッホ(1880−1959)、3つのノクターン:アンダンテ・クウィット 2:24
グリーク・トリオ:S.シーガーランド(バイオリン)、V.アンヴィク(ピアノ)、
E.フレシャ(チェロ)
1998年ノルウェー、ロメダーレン教会にて録音 (ノイマンTLM-50S x 2、
B&K 4006、AKG414 x 2マイクを使用)
プロデューサー:クルジストフ・ドラブ
エンジニア:アルネ・アクセルベルク
Simax Classics PSC 1147 (グリーク・トリオ 「ショスタコーヴィッチ/ブロッホ/マーチン」)

7. ラヴィ・シャンカー(1920−):ルオ・アンシャンテ 2:22
グロ・サンドヴック(フルート)、シュタイン‐エリック・オルセン(ギター)
1993年オスロ、ヴェストル・アカー教会にて録音(ノイマンTLM-50S x 2、マイクを使用)
プロデューサー & エンジニア:アルネ・アクセルベルク
Simax Classics PSC 1083 (「祭壇の絵」)

8. ベンジャミン・ブリテン(1913−1976)、フランク・ブリッジの主題による変奏曲 3:00
op. 10:変奏曲6
ノルウェー室内管弦楽団/ローナ・ブラウン(指揮)
1998年オスロ、ウラニエンボルク教会にて録音(B&K 4006 マイクを使用)プロデューサー:ジェイムス・バネット\
エンジニア:アルネ・アクセルベルク
Simax Classics PSC 1111 (ブリテン「弦楽のための音楽」)

9. ハーフダン・キェルフ(1815−1868)、カプリチオニ長調 (HK174) 2:26
エイナー・スティーン−ネックルベルク(ピアノ)
1999年オスロ、ソフィーエンベルク教会にて録音(ノイマンTLM-50S x 2、
B&K 4006マイクを使用)
プロデューサー/エンジニア:エリック・ガルト・アムンゼン
Simax Classics PSC 1225 (ハーフダン・キェルフ 「春の歌」)

10.クリスチャン・シンディング(1856−1941):諸人に喜びを 0:56
ペア・フォルシュタッド(バリトン)、ジークムント・ヒェルセット(ピアノ)
オスロ、ノルウェー・ミュージック・アカデミー、リンデマン・ホールにて録音
(AKG 414 x 2、 B&K 4006マイクを使用)
プロデューサー/エンジニア:トーレ・シモンセン
Simax Classics PSC 1194 (クリスチャン・シンディング 「ソング vol.1」)

11.エドヴァルト・グリーク(1843−1907)、弦楽四重奏ヘ短調 op.27:IVフィナーレ 9:00
ヴェルタボ四重奏団:B.カルダス(バイオリン)、Ф.ヴォレ(バイオリン)、
H.ランダース(ビオラ)、B.ヴェムス(チェロ)
1998年英国ブリストル、ブランドン・ヒル、ジョージ聖堂にて録音
プロデューサー:ヤーン・ペーダーセン
エンジニア:アルネ・アクセルベルク
Simax Classics PSC 1201 (ヴェルタボ四重奏団 「グリーク/ドビッシー」)

12.フランソワ・ラバー(1931−):ダブル・バスのためのオド・エスパーヌ 2:24
ダン・スタイフェ(バブル・バス)
H.ランダース(ビオラ)、B.ヴェムス(チェロ)
1998年オスロ、ソフィーエンベルク教会にて録音(ノイマンTLM-50S x 2 マイクを使用)
プロデューサー/エンジニア:エリック・ガルト・アムンゼン
Simax Classics PSC 1157 (「ダブル・バス」)

13.ラッセ・トーレンセン(1949−):カルテット 5:38
エイナー・フェーレフォル/キェル・サンコップ/ロブ・ワリング(パーカッション)、
イヴェール・クライブ/ケネス・カールソン/ペア・スコグランド(シンセサイザー)
クリスチャン・エゲン(指揮)
1999年オスロ、ノルウェー放送スタジオにて録音(ノイマン、ショップス製マイクを使用)
プロデューサー/エンジニア:エリック・ガルト・アムンゼン
Aurora ACD 4968 (「ラッセ・トーレセン」)

14. ベンジャミン・ブリテン:フランク・ブリッジの主題による変奏曲op. 10:変奏曲8 3:40
ノルウェー室内管弦楽団/ローナ・ブラウン(指揮)
1998年オスロ、ウラニエンボルク教会にて録音(B&K 4006 x 2 マイクを使用)
プロデューサー:ジェイムス・バネット\
エンジニア:アルネ・アクセルベルク
Simax Classics PSC 1111 (ブリテン「弦楽のための音楽」)

15.オラフ・アントン・トメッセン(1946−):ガラス・ビーズの戯れ:プロローグ 3:18
オスロ・フィルハーモニー・オーケストラ、アルトル・タマーヨ(指揮)
1989年オスロ・コンサート・ホールにて録音(B&K、ノイマン、ショップス マイクを使用)
プロデューサー:アリルド・エリックスタッド
エンジニア:チャールズ・アルメス
Aurora ACD 4927 (「オラフ・アントン・トメッセン」)

16. ベンジャミン・ブリテン(1913−1976)、祝歌の儀式 op. 28:バルラロー 1:19
ヴォシ・ノビリ合唱団、マリアG.ヘルベックモ(指揮)、ウィリー・ポストマ(ハープ)
1994年ノルウェー、ベルゲン聖マーク教会にて録音(B&K マイクを使用)
プロデューサー/エンジニア:トーレ・シモンセン
Simax Classics PSC 1106 (ブリテン「祝歌の儀式」、ルター「舞踏の日」)

17. ベンジャミン・ブリテン、祝歌の儀式 op. 28:凍てつく冬の夜に 3:48
ヴォシ・ノビリ合唱団、マリアG.ヘルベックモ(指揮)、ウィリー・ポストマ(ハープ)
1994年ノルウェー、ベルゲン聖マーク教会にて録音(B&K マイクを使用)
プロデューサー/エンジニア:トーレ・シモンセン
Simax Classics PSC 1106 (ブリテン「祝歌の儀式」、ルター「舞踏の日」)

18. J.S. バッハ、トッカータヘ長調 BMW540 9:14
ケーレ・ノルトストーガ(1998年ライド&ベルク製オスロ大聖堂メイン・オルガン)
2000年に録音(ショップス MK2H マイク3本を使用)
プロデューサー/エンジニア:アルネ・アクセルベルク
Simax Classics PSC 1152 (J.S.バッハ「トッカータとフーガ」)
合計収録時間 70:38

Simax Classics のCDはすべて24ビット分解能で録音、編集、マスタリングされています。パウェル・アクースティックスによる編集のプリ・マスタリングには、アンサンブル製パワーおよびシグナル・ケーブルとパワー・ディストリビューターを使用しました。
30年間にわたって Simax Classics は伝統的な西洋クラシックの優れた作曲家の作品を紹介してきました。その間、一貫して傑出した演奏を最高の録音でお届けすることを心がけてきました。
今回、アンサンブル社がこのように Simax Classics と Aurora の作品をアンサンブル製品のオーディオ・コンポーネントのデモ用に使用していただき、まことに光栄の至りです。
エリック・ガルト・アムンゼン
Simax Classics レーベル・マネジャー

ユーザー評価

名前 :

評点 :

内容 :
入力された顧客評価がありません

ページトップへ